• 夜ヨガとは-眠りの質を上げる夜ヨガの魅力

    0コメント
    私たちの体は、交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされていますが、過度なストレスや不規則な生活が重なると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、自律神経の乱れにつながります。 疲れているはずなのに、なかなか寝付けないというつらい症状の原因も、ストレスや心配事、緊張などのために自律神経が乱れているせいかもしれません。夜に行う、いわゆる「夜ヨガ」には、自律神経を整えて本来のリズムに戻す働きがあるため、寝る前に行うことで眠りの質を上げることができます。 夜ヨガの効果 夜ヨガのおもな効果には、次のようなものがあります。・眠りの質を高める深い呼吸で行う夜ヨガは、昼間の活動で高まった自律神経を整え、心身ともにリラックスした状態に導いてくれます。ストレスや心配事による緊張状態も緩和されるので、寝付きが良くなり、朝もすっきりと目覚めることができます。・やせやすい体質になるヨガの深い呼吸により血行が促進されるため、代謝も上がって、やせやすい体質になります。自律神経が整い、体本来のリズムが整うことで、ホルモンの分泌も正常に行われるようになるため、代謝もさらに向上します。 夜ヨガを行うタイミング ヨガのポーズには内臓を刺激するものもあるため、食後すぐに行うのは避けましょう。また、入浴後すぐに行うのも心臓に負担がかかってしまうので、夕食や入浴を済ませた後、ベッドに入る前がおすすめです。食後3時間以上経過しているのが理想です。1回に長時間行うよりも、短時間でも毎日続けることで、より効果を実感できるでしょう。
  • ヨガにはどんな効果がある?

    0コメント
    フィジカル面での効果としては、むくみや冷えの解消、免疫力アップ、血流改善でホルモンバランスが整うとされています。 また、柔軟性向上・体幹強化・姿勢改善・スタイルアップ効果も期待できます。このほか、緊張した筋肉を弛緩させることで肉体疲労回復効果があり、副次的にダイエットにも役立つと言われます。 一方のメンタル面での効果としては、ストレスが軽減され、大きなリラックス効果が得られます。これにより、感情をコントロールしやすくなるため、人間関係の改善などにつながります。 気持ちが穏やかになるので、日常的に小さな幸せを感じる機会も増えると思います。ヨガをする習慣があると、セロトニン(幸福ホルモン)の値が高くなることが証明されているんですよ。 ヨガを習慣として続けることで、慢性的な疲労や倦怠感、肩こり、頭痛、腰痛、不眠症、全身のだるさ、冷え性などの不調も整えられます。 なんとなくの不調や症状が一向に改善されず、悩んでいる方も多いと思います。病院に行っても「ストレスが原因」と診断され、処方された薬を飲んでも解消しないケースもあります。 そういったストレスが関係するさまざまな体の不調や症状は、自律神経と関係していて、ヨガはその自律神経に働きかけることで、それらの不調を改善する効果があります。
  • 美容健康ヨガでスッキリ!!

    0コメント
    やさしい「美容と健康のためのヨガ」、簡単で初心者・体の柔らかい問わず、老若男女で愛される人気YOGA。「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。心と体、魂が繋がっている状態のことを表します。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るものです。具体的には「調和」「統一」「バランス」を意味し、体・心・呼吸・食べ物など、あらゆるカテゴリーと関係しています。√肺活量と呼吸量の著しい増大√体重減少と肥満解消√ストレスに対する抵抗力増加√コレステロールと血糖値の低下√慢性的で再発を繰り返す腰痛の改善毎日のヨガがフィットネスのレベルを高め、心拍数を安定させ、ストレスレベルを低減し、よりハッピーな人になれることがわかった。こうした要素すべてが、人生に貴重な年月をさらにプラスしてくれるかもしれません。
ico-collapse
0
Recently Viewed
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top